事業案内・組織

事業案内

1.宝石学教育

  1. 英国宝石学協会Gem-Aの日本におけるFGA認定教育機関ATCとして、日本宝飾クラフト学院様との業務提携により、宝石学資格CGJ及びFGA教育をより良い教育環境のなか継続し、宝石のプロを養成し業界に資する。
    Gem-A Japan Group 英国宝石学協会認定教育機関 日本校サイト
    http://gem-a-japan-group.jp/
  2. 宝石を取扱う方と興味のある方々に、宝石の理解を促進するため、全国宝石学協会から受継いだ標本石コレクションを活用し、参加体験学習型の宝石シンポジウム及びセミナーを複数回開催し、宝石の正しい知識と情報を会員及び社会に提供する。
    全国宝石学協会が1995年〜2010年に研究室から発表したGAAJ Research Laboratory Report (199項目)をGem Research Japan Inc様の協力を得まして復活することが出来ました。 貴重な資料ですので、有効にご活用ください。
    GAAJ Research Lab. Report
    Gem Research Japan Inc.

2.宝石情報

  1. 日本宝石協会新聞(Japan Gem Society Journal 電子版)を発行する。
    主に次の事項を掲載する。
    a. シンポジウム及びセミナーの報告
    b. 内外の最新宝石情報
    c. 当業界に関する諸問題についての情報及び対策等
    d. 協会事業の運営状況
  2. 全国宝石学協会から譲与された世界有数の標本石コレクションをフォト・ライブラリー化し、業界・マスメディアへの貸出等を通じて、宝石の魅力を社会に発信する。
  3. 全国宝石学協会で発行した書籍類の整理、宝石業界に残すべき書籍類の再出版・再販を通じて、宝石の魅力を発信すると共に正しい知識・情報を提供する。

3. 鑑別・鑑定

メジャーな鑑別・鑑定機関とコラボレーションし、シンポジウム及びセミナーでの技術的側面をサポートしていただける協力体制を確立するとともに、協力機関における鑑別料金の割引サービスを会員に提供する。

4.後援活動

日本宝石協会の事業目的に沿った公募事業等への後援活動を通して、宝石の魅力の発信とより良い流通・普及に寄与する。 現在、特定非営利活動法人宝飾クラフト教育振興会、及び日本宝飾クラフト学院主催の『2012年全国ジュエリー・アクセサリーデザイン画コンテスト』(10月)を後援しています。 コンテスト入賞者に副賞として、会員供出の色石を提供します。

組織

平成27年6月3日現在
理事長
1名:
伊藤 彰
副理事長
3名:
ニラーム アラウディーン, 渡辺 幸春、堀内信之
監事
3名:
諏訪 恭一、古屋 正貴、山岸 昇司
理事
12名:
浅井 文昭、加藤 久雄、関根 和之、高田 富士夫、佃 裕二、
藤田 益久、古屋 秀市、松室 明雄、望月 英樹、
森 孝仁、山本 裕唯
会員